アイドルマスター ミリオンライブ スロットマシン

STRENGTH インデックスの強み

STRENGTHインデックスの強み

  1. 01

    「業界」とは一線を画した独(du)立性

    インデックスは、あらゆるプロジェクトにおいて、常(chang)(chang)に発注者(zhe)と同じ船に乗り、発注者(zhe)の利益とプロジェクトの成功を最優(you)先に考えています。建設(she)プロジェクトマネジメントを手(shou)がける企業(ye)の中には設(she)計事(shi)務(wu)(wu)所や建設(she)会社(she)の傘下も少なくありませんが、インデックスは設(she)計事(shi)務(wu)(wu)所や建設(she)会社(she)の資本は入っていません。この完全なる独(du)立性を武(wu)器に、業(ye)界の“常(chang)(chang)識”に囚われることなく、常(chang)(chang)に正しいことを追求し、しがらみとは無縁の最適なプロジェクトマネジメントを推進します。

  2. 02

    「バリューチェーン」に全対応(ying)の総合力

    インデックスは、設計(ji)者(zhe)や施(shi)工(gong)者(zhe)の入札など発注戦略(lve)の立案からプロジェクトの進捗管(guan)(guan)理(li)(li)、コスト管(guan)(guan)理(li)(li)などのプロジェクトマネジメントまでを提供するだけでなく、設計(ji)前(qian)の事業構想(xiang)から完成(cheng)後の維持(chi)管(guan)(guan)理(li)(li)まで、建(jian)物(wu)のライフサイクルのあらゆる局面に対(dui)応したサポートを一気通貫に提供します。特に、「完成(cheng)した施(shi)設でどのような事業を営むべきか」という事業創造から支援するのは独自(zi)の強みとしており、建(jian)築プロジェクトだけでなく、クライアントの事業の成(cheng)功まで導(dao)くことを使(shi)命(ming)としています。

  3. 03

    あらゆる問題を解決する「駆け込み寺」

    インデックスは、設(she)計事務所(suo)や建設(she)会社がさじを投げるような難易度(du)の高(gao)いプロジェクトを多数(shu)、成(cheng)功に導(dao)いてきました。その背景にあるのは、建設(she)・不動産における専門性と常識にとらわれない発想、そしてクライアントの夢の実(shi)現をサポートするという想いです。インデックスは建設(she)プロジェクトの駆け込み寺(si)として、フィージビリティスタディ(FS:実(shi)行(xing)可(ke)能性調(diao)査)の段(duan)階からプロジェクトに参(can)画し、スケジュールやコスト、事業性や事業を実(shi)行(xing)した際のリスクなどさまざまな課題を抱えるプロジェクトの解決策を見出します。

  4. 04

    「パイオニア」としての圧(ya)倒(dao)的な実績

    インデックスは、建設プロジェクトマネジメント市場が立ち上がる前からサービスを提供しており、豊(feng)富な実績(ji)を持っています。日本企業の海外進(jin)出における建設プロジェクトマネジメントでも多くの経(jing)験を有しており、これまでに関わった建設プロジェクトの事業規模(mo)は2.5兆円に上ります。長年にわたるプロジェクトマネジメントの経(jing)験とクライアントの高い要(yao)求水準(zhun)に応えてきた実績(ji)。そして常に新たな領域(yu)を切り拓くチャレンジ精神は他の追(zhui)随を許しません。

    実績一覧
  5. 05

    「官民連(lian)携」をまとめ上げる調(diao)整(zheng)力

    インデックスは、民間の建設(she)プロジェクトだけでなく、社(she)会インフラや医療施設(she)などPPP(官民連携)事業(ye)も数多く手がけています。地方公共団体(ti)がPPPを導入する際の構想・企画段階(jie)から加わり、制度設(she)計や事業(ye)ストラクチャーの提(ti)案に加えて、建設(she)会社(she)、メーカー、金融(rong)機関など多様な事業(ye)者からなるコンソーシアムの組成を支援し、各(ge)プレイヤー間の調整と連携を図りながらプロジェクトを成功に導きます。

  6. 06

    社内外の専門家を組(zu)成する「チーム編(bian)成力」

    インデックスは、プロジェクトに応じて財務や会計、法務、エンジニアリングなど社(she)内外の専(zhuan)門家を束ねた最適なチームづくりを支援します。キャンパスグランドデザインの構築、医療福祉(zhi)システムの事業(ye)化、官民連携(xie)事業(ye)など難易度の高いプロジェクトでは、各分野の専(zhuan)門家の知見を結集することが事業(ye)化では不可欠です。国内外に広がるネットワークを生かして課(ke)題解決につながる、ダイバーシティのあるチームづくりをお約束します。

  7. 07

    プロジェクトの最適化を支(zhi)える「データ力(li)」

    インデックスは、これまでに関わった豊富なプロジェクトの実績(ji)データを有しています。膨大なコストデータに加えて、「用(yong)途(tu)」「規模(mo)」「構(gou)造」など建物の条件が類似(si)したプロジェクトデータをベースに、事業(ye)の目的や施(shi)設要件、スケジュールや建設市(shi)場における取引価(jia)格の観点から、最(zui)適な施(shi)設づくりをサポートします。

  8. 08

    SDGsとプロジェクトを両立(li)させる企画力

    インデックスは、建設、社会・公共インフラ、ファシリティの分(fen)野で、常にSDGsを意(yi)識し、プロジェクトの遂(sui)行を通(tong)じてSDGsの実(shi)現を目指(zhi)します。SDGsを意(yi)識することで建築コストは膨らむ可能(neng)(neng)性はありますが、資金調達や官民連携などのスキームづくり、AI(人工知能(neng)(neng))やIoT(モノのインターネット化(hua))を通(tong)じた管(guan)理運営コストの低減などを駆使(shi)して、SDGsの追求(qiu)と事業性の両立を実(shi)現します。

お問い合わせ

CONTACT

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

03-6435-9933

受付時間|9:00 - 18:00

お問い合わせ
CONTACT